• ワイズコレクションとは
  • ブランドから選ぶ
  • ジャンルから選ぶ
  • 用途から選ぶ
  • What’s NEW
  • インプレッション

CIPOLLINI RB1000 by志木店 新開竜太

          1.使用フレーム:RB1000 2.メインコンポ:シマノ7900 ハンドル:3T エルゴノヴァ TEAM ステム:3T ARX TEAM 3.インプレッション(走行1300km) 名スプリンターであるチポッリーニがプロデュースしただけあってフレーム剛性の高さは超一級。その剛性感から踏んだ分だけしっかり推進力に変わる印象。 一般的にフレームが硬い柔らかいと表現されるが、これは間違いなく「カタい」フレームである。BB まわりのボリューム感もその剛性の高さを物語っているものの、そのガッチリとした要因の一つとして「フロントフォークの強さ」も一役買っている。フォークが物凄く強い。 形状をみても想像がつくかもしれないが全くヨレることがない。加速するほどフレームがパワーをしっかり受け止めよく伸びる。 プロレーサーが70kmくらいでもがいても平気なので50km~60km程度のパワーではビクともしないよう。40km以上の速度域からがこのフレームの本領発揮だろう。 ここまでの印象でスプリンター向けのガチガチなフレームかと思われてしまいそうだが決してそうではない。振動吸収性はさほど感じられないため低速域で流すようなロングライドやツーリングには向かない乗り味であるものの、ヒルクライムにはかなりオススメできる。軽い山岳用フレームではないためハンデを感じてしまいそうだがその重量を補うには必要充分の力を秘めている。シッティングでグイグイトルクをかけてもISP 効果もあり力が逃げずしっかり登りでも進んでくれるので山派のユーザーでも楽しめる。強いて欠点を挙げるならば少々ヤグラが重いくらいか。 硬い乗り味でセッティングもある程度シビアなため初めてのロードバイクには向かないかもしれないが、ある程度乗り込んでいてレースにも出たいという方には絶好のフレームだと自信を持ってオススメできる。 硬さが脚にもしっかり跳ね返ってくるのはフレームが確かな証拠である。


ページのTOPへ

  • コーポレートサイトへ
  • 店舗検索サイトへ
  • ポータルサイトへ
  • 通販サイトへ